あれっと思ったら

アルバイトとして仕事をし始めた時に、あれっと思うことはありませんか?たいていは当初聞いていた内容と違う条件で働かされていることが多いです。仕事内容が違うとか賃金が言われていた内容と違うと言うケースが多いです。その場合には、雇用契約書を最初に交わしているはずです。この契約書の内容を読み直してみましょう。
通常契約書で賃金や勤務時間、休憩時間、休日、休暇、契約期間、仕事内容、退職などの条件がきちんと説明されているはずです。いずれも雇用者は労働者側に対して書面で交付しないといけないルールになっています。
求人情報を見て条件は知っているので、契約書は見なくていいと思っている人はいませんか?しかし求人情報の場合、掲載スペースに限りがあります。このためすべての労働条件を掲載できないケースも多々あります。ですから、求人情報の内容だけで納得するのではなく、契約書の内容をしっかりと確認することです。そして納得が行けばそこで初めて捺印をしましょう。
もし契約書に捺印されている場合には、よほどのことがない限り契約書の内容が優先されます。あなたの捺印があると言うことは、あなたも内容について同意をしていることの証明になるからです。

どこに相談すればいい?

アルバイトだと、気軽に仕事ができると思っている人が多いです。その結果、契約書もロクに見ずに気軽に捺印をしてしまう人も多いです。しかしあくまでも雇用契約を交わしているのだという気構えを持つことが大切できます。
またもし明らかに労働条件が求人に掲載されていた内容と異なる場合には、まずはその求人情報を掲載した媒体に相談をしてみましょう。たいていの媒体では、アルバイト向けのコールセンターを用意しています。
他には突然理由もなく解雇されたとか、給料が支払われないと言ったトラブルが起きる可能性もあります。その場合には、厚生労働省の方に労働相談センターが設置されています。こちらに相談ができますので、トラブルがもはや自分一人では解決できない状況に陥っているのであれば、センターに相談してみましょう。
しかしこのようなトラブルの相談を持ち込む場合でも、相手は契約書の内容をベースにして判断をします。そこで契約書は必ず保管をしておきましょう。なかには、契約書に捺印をしたら捨ててしまう人もいるようですが、もしものために保管をしておいた方がいいです。